渡辺謙の離婚歴がすごい!現在の結婚相手は誰?

渡辺謙の離婚歴について

今やハリウッド俳優として有名な渡辺謙さん。

渡辺謙さんと言えば女優の南果歩さんと2018年に離婚された事が有名です。

そんな渡辺謙さんに昨年、恋の噂がありました。

渡辺謙さんは現在は結婚されているのでしょうか?

そこで今回の記事では、

  • 渡辺謙の離婚歴がすごい
  • 現在の結婚相手は誰?

この2つの真相に迫って行きたいと思います。

それでは早速、本題に入って行きましょう!

目次

渡辺謙の離婚歴がすごい

渡辺謙さんは過去に2回離婚されています。

離婚歴を見てみると、意外な事実がわかってきました。

順番に詳細を見ていきましょう!

1回目の離婚

渡辺謙さんの最初の結婚は1983年に一般人女性として知られています。名前は由美子さん。

そして由美子さんと授かった子供として知られているのが、長男の渡辺大さん(1984年8月1日)と長女の杏さん(1986年4月14日)。

二人のお子様に恵まれ順風満帆にみえた結婚生活も2005年に離婚されています。

由美子さんとの間柄はどんなものだったのでしょうか?

リサーチしてみた所、壮絶な過去があった事がわかりました。

渡辺謙さんは1989年に急性骨髄性白血病を発症します。そしてその1年後に化学療法の甲斐あって復帰します。

しかし、5年後の1994年に白血病を再発します。その後、謙さんは病気を克服しますが、この時に夫婦で「釈尊会」という宗教に入信します。

この釈尊会への入信が後に離婚へと発展する事となります。

妻、由美子さんはこの釈尊会に2億円の寄付をしたと言われています。この時に謙さんも長年の病魔との闘いで当然、2億円というお金は持ち合わせていませんでした。この2億円は借金だと考えられます。

後にこの2億円が2人の間のトラブルの引き金となり、2人は離婚にまで至ってしまいます。

これが最初の離婚です。

2回目の離婚

2回目の結婚は南果歩さんとして知られています(2005年に結婚し2018年に離婚)。

この時にはお子さんは授からなかったと報じられています。

南果歩さんとの間柄はどうだったのでしょう。

リサーチしてみた所、意外な事実が判明しました。

2人は2005年に結婚。順風満帆に見えたが、2017年3月に渡辺謙さんがニューヨークのセントラルパークで宝石デザイナーの日本人女性と手つなぎデート。

その4か月後の2017年7月15日に東京都内で渡辺謙さんが釈明会見を行います。

「この春に出た記事に関してはおおむね事実で御座います」と。ほぼ全面的に認めることとなります。

その後、渡辺謙さんと南果歩さんは別居状態へ。そして離婚に至ります。

これが2回目の離婚です。

渡辺謙の現在の結婚相手は誰?

渡辺謙さんにはかねてから交際していた女性がいます。それは21歳年下の一般女性。

2013年の夏に出会い、1年後に交際に発展しました。交際期間は現在までの約8年。住まいは渡辺謙さんの移住先の長野県軽井沢。

この女性と2023年中には結婚するだろうと報じられましたが、現在、まだ結婚には至っていない模様です。

もし、結婚された場合は、3回目のご結婚という事になります。

まとめ

渡辺謙さんの最初の離婚は壮絶なものを感じられました。大病を患い、克服し、妻に看病してもらった恩があるのにもかかわらず離婚。この裏には宗教の考え方や2億円という金銭問題があったと推測されます。

2回目の離婚は自身の不倫問題から別居に発展。そして離婚へという流れだと思います。

3回目の結婚で落ち着いてほしい所はありますが、これは個人の問題なのでこの記事ではここまでと致します。

日本が誇る世界のハリウッドスター渡辺謙。

私は渡辺謙さんが活躍する限り、応援し続けたいと思います。

今回の記事を最後までお読み頂き、ありがとうございます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次