ホリケン(ネプチューン)の劣化が止まらないのはなぜ?その理由5選!

ホリケンの劣化が止まらない

今やネプチューンと言えば毎週、いや毎日と言っても過言ではないくらいテレビでよく見かけます。

その中でも、イケメン担当であった堀内健さんに異変があるとの噂を聞きつけました。

その内容は、最近、肌が劣化しているのではないかとの噂です。

そこで今回の記事では

  • ホリケン(ネプチューン)の劣化が止まらないのはなぜ?
  • その理由5選!

こちらの2つに迫って行きたいと思います。

それでは早速、行ってみましょう!

目次

ホリケン(ネプチューン)の劣化が止まらないのはなぜ?

まずは、Twitterの声を聞いてみましょう。

こちらは2018年11月の「しゃべくり7」でのホリケンさんです。

「また劣化」とか「ついにゾンビより」と言われてしまっています。

それでは、これより以前はどうだったのでしょうか。

写真を見てみましょう。

2015年のホリケンさんです。2018年より落ち着いて見えます。

次の写真も見てみましょう。

2010年のホリケンさん

2010年のホリケンさんです。2023年で54歳ですので、今からちょうど13年前の41歳の時です。

それでは、本当に劣化しているのか、現在のTwitterを見てみましょう。

2023年1月17日の「オールナイトニッポン」というラジオでのホリケンさん。

さらに肌が劣化している様にも見えます。

それでは具体的に、なぜこうなってしまったのか、見ていきましょう。

ホリケンの劣化が止まらないその理由5選!

順番に見ていきましょう。可能性のあるものは全て出したつもりです。

重病説

ホリケンさんはテレビ番組でも顔色の悪さが時々指摘されている上、途中退席をされている事もあるといいます。

この時もかなり顔色がわるく、しんどそうに見えます。途中退席はかなり気になります。

しかし、本当の重病でしたら、番組でも病気の説明をしているでしょうし、最初からテレビになんて出れません。

よって、重病説はないと考えます。

肝臓病説

次に有力なのがこの肝臓病説です。

しかし、肝臓の病気の人は「顔色が黄色」になることで知られています。

ホリケンさんの顔色は薄紫といったところでしょうか。黄色ではなさそうです。

しかも、ネプチューンは3人揃ってお酒が飲めない事でも有名です。

肝臓病説は違う気がします。

他の臓器が悪いかも知れませんが。

アトピー性皮膚炎説

ホリケンさんの顔色が注目されるようになったのもつい最近です。アトピー説でしたら、幼少期から顔色がおかしく、悩んでいたでしょう。

つい最近という事で、この説もなさそうです。

それに加え、2007年に放送された「とんねるずのみなさんのおかげでした」の中で

ホリケンさんの自宅にとんねるずの石橋貴明さんが訪問した際に、ホリケンさんのベッドが血や黄ばみなどで汚れているのを見て「汚ねー」と連呼したそうです。

これは何があったのでしょうか。やはり、顔に少し異変があり、そこから出血していたのではないでしょうか。

そう考えますと、後天的なアトピー性皮膚炎も考えらえます。

仕事のストレス説

これはかなり有力です。病気でもない、アトピー性皮膚炎でもない、しかし顔色が悪いや途中退席を考えますと、仕事でストレスを抱え、そのストレスが最大になった時に自分のコントロールを失ってしまうパターンです。

破天荒な芸風から考えますと、本人がストレスを抱えながら自分を演じている事も考えられます。

そう考えた時に、顔色の悪さや途中退席は納得いきます。

家庭内ストレス説

ホリケンさんは家庭内の事を何もメディアに述べておらず、家庭内不和は考えにくいと思います。

しかしながら、ご家族の方は何かしらの事情を知っているでしょうし、心配していると思います。

視聴者の方もあそこまで顔色が悪かったら、かなり心配していると思います。

まとめ

ホリケンさんの顔色の悪さについて何も公表がないものの、ストレスが有力ではないかと考えます。

ストレスといっても、どこかの臓器に負担をかけている事は間違いないでしょう。

そうだとしても、とても心配です。

当ブログでは今後もホリケンさんの体調について追いかけて行きたいです。

今回の記事を最後までお読み頂きありがとうございます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次